シルクのお取扱い
HOMEに戻る≫

シルクネットは繊細なものですので丁寧に取り扱ってください。
・ シルクネットは通常の使用では長持ちしますが、 とがったもので刺したりすると破れやすいです。

・ SilkyOneを洗う場合は、30度以下のぬるま湯で洗ってください。

・ ドライヤーをかける場合には、ドライヤーの温度を低くしてください。 特にオールシルクの1枚ネットの場合注意してください。 型くずれの原因となります。

・ 毛染めの場合、シルクに毛染め剤がつかないように注意してください。 かつらのベースシルクが毛染め剤の色に染まってしまいます。

Silkyoneはオールシルクネットの贅沢な作りです。
特許出願中の地肌「BOOM」 の素材「シルク」をかつらベース全体に使用し、
かつらベース全体を本物の地肌のような自然さにしました。
かつらベース全体がシルクですのでとても軽いです。
<参考>
当社の部分かつらで計測したところシルクネットベースの重さ4グラムでした。
※シルクネットの厚み0,1ミリ程度


■シルクの特徴
1.熱を伝えにくいので夏涼しく冬暖かいのです。
単調な化学繊維ではない、気室がたくさんあり、 含気量が多いので熱を伝えにくいのです。

2.吸湿性が高いのに放湿速度が速いのです。
  体の余分な湿気が残留しないので、かつらのつけごこちがとても良いのです。
  熱い日に汗を かいてもサラッとしています。

3.適度な保湿性もあるので静電気がとても発生しにくいのです。
  冬の嫌な静電気が起きにくいのです。
  静電気が起こるとホコリなどを集めてしまいます。
  また燃えにくいので化繊のような燃えやすさの心配はありません。

4.紫外線カット性にすぐれています。
  なんと紫外線カット性にもすぐれています。

5.アミノ酸で構成されているので、お肌にとても良いのです。
18種類程度のアミノ酸で構成されています。
アミノ酸には皮膚細胞を活発化させる力があります。

シルクは天然素材の中でもっとも細い繊維です。
※シルクネットは天然素材の為に使用していくうちにまたは使用当初からネットにシワが出ます。 これは不具合ではありません。使用上の問題はございません。
※シルクにアレルギーなどがあるお客様は化繊のMONOネットにて 1本植えをする方法もございます。
▲このページのトップへ
HOMEに戻る≫
かつらのSilkyone問い合わせ先
無料メール相談
来店予約

かつらのシルキーワンはナチュラル株式会社のトップブランドです。
Copyright © 2006〜 ナチュラル株式会社 All Rights Reserved.